ハトのマークの引越センターがこの先生きのこるには

トップページ > 引越の時にその場で確認するのは面倒くさいと思って
ページの先頭へ

引越の時にその場で確認するのは面倒くさいと思って

引越の時にその場で確認するのは面倒くさいと思ってもしっかりやっておかないと後で困ることになるかもしれません。

家賃の発生する物件の場合には、不動産業者や大家さんが、その場で確認することになります。敷金をいくら返還するかに、関係してきますから、とにかくキレイにそうじをするようにしてください。
また、修繕を要する箇所を、両者がチェックすることで、トラブルを防ぐことにもつながります。


引越し=粗大ゴミの整理です。


引越しの際に捨てるのは大変なことですから、早いうちに大きな粗大ゴミは捨てていくことを推奨します。
荷物をまとめ始めるのと同じ時期に粗大ゴミを捨てておけば、後で楽になります。処分する日を前もってチェックしておくことがおすすめです。引越しの荷造りの時に、意外にも悩むのがグラスの包み方です。グラスを梱包するにはまずは足の部分から梱包することが大切です。梱包材と言うものは、必ずしも専用のものを使わなければいけないということではありません家の中にある新聞や雑誌、タオルなどで、OKです。その後、全体をしっぱりパッキングすれば、グラスが、割れる心配なく運ぶことができます。
できる事であれば、引越し当日は晴天が望まれます。
もし、雨天だったら、大変だと思うのです。そのままだと、あれもこれも濡れてしまします。

机も椅子も、冷蔵庫もです。
晴れだったら、簡単に運べるのに、雨が降ると、シートをかけないといけません。

それは、結構な手間になるでしょうし、家具や家電が濡れてしまうのも嫌なものです。



家の購入を機に、転移しました。東京都から埼玉県へ移転します。

メンテナンス等でお世話になっているディーラーの方からナンバーの変更の有無を尋ねられました。


手続きは運輸局にてする必要があるとのことですが、実際ににはあまりやらないそうです。私も東京のままのナンバープレートを継続しています。
長年の思いだった戸建ての居所を購入しました。

引っ越しの以前に、それぞれの居室にクーラーを取り付けなければなりません。必要なクーラーの数は四つ、かなりの出費です。それでも、大きな家電量販店で一度に四つ買うからと依頼すると、大幅に値下げしてくれました。予定していた支出よりも、かなり安くすみました。



引越の際の掃除は半端じゃない作業です。全部を家の外に出してから、ピカピカにするのはもちろんですが、ちょっとずつでも、あらかじめ始めていくのが最終的に楽になります。
コツは荷造りの前に、掃除を先に始めることです。

そうすることで、ラストに軽く掃除するだけですみます。通常では、引越しに追加で費用が掛かる事はございません。
ただ、これは、引越し業者の見積もりが事前にあった場合や自己申告した家財道具の量が正しいケースです。引っ越し業者は、作業する時間やトラックの大きさで引越し料金を出しています。万が一、大幅にオーバーする場合は、追加料金が必要になってくるでしょう。

数年前、主人が転勤になったために引越すことになりました。



主人も私も実家生活で、引越すという経験がありません。
経験がなくとも出来る限り安価に抑えたいと自ら梱包しました。
段ボールとガムテープは、業者が用意してくれたものを使ったのですが、他に、新聞紙は絶対に必要でした。

壊れ物を包むのと、緩衝材として役に立ちました。
引越しを行う場合には様々な手続きが必要ですが、仕事をしていると大変なのが市役所でしかできない手続きです。


住民票の転出と転入の手続きがあるので、少なくても二度は行かざるを得ません。平日の間しか市役所の利用はできないので、引越し以外でもまたさらに休暇を取らなければならないといったことになります。
Copyright (c) 2014 ハトのマークの引越センターがこの先生きのこるには All rights reserved.